バドミントンラケットのシャフトの重要性と選び方とは?

バドミントンで使うラケット選びにおいて、
大切なことは一にも二にも「自分に合っているかどうか」に尽きます。
ラケットは大きく分けて、柔らかいもの、硬いものに分けられます。

 

柔らかいというのはいわゆる、シャフトがよくしなるもの、
硬いものはその反対に、しならないものになります。
しなるものを好む人もいれば、しならないものを好む人もいます。

 

オールマイティに使える中間なものもありますが、
ここではこの二つに絞ってご紹介していきます。

バドミントンラケットのシャフトの柔さで何が変わる?

 

簡単に言えばまず、柔らかいラケットは飛びが良いため、
初心者の方に特におすすめです。
よく飛ぶのでプレーしていて楽しく、
とても爽快感があります。

 

硬いラケットは飛びよりもコントロールに優れ、
より高度な打ち合いができるのが特徴です。

 

しかしその分、飛ばし方に高度な技術が必要になるため、
自然と上級者向けのラケットとなります。

 

柔いと飛ばせるがコントロールをつけるのが難しい、
硬いとコントールは良いが打つのが難しい、ということです。

 

初心者だとコートの前後、
奥行きを使えるようになるのが最初の基本となりますので、
奥まで簡単に飛ばせるラケットがおすすめです。

シャフトが柔らかいとシャフトが硬いラケットの大切なポイントは?

 

2種類のラケットどちらにも言える大切なポイントが、
パワーロスの抑止です。

 

人の腕でスイングして、
シャトルへ力を伝えなければならないので、
必然的に100%の力がシャトルに伝わらなければ、
勢いよくは飛びません。

 

上手く力が伝わらないと、スマッシュを打っても遅い、
クリアを打っても飛ばない、ということが起きます。

 

打ち方にもよりますが、これはやはりラケット、
そしてガットの張り方なども大きく影響してきます。
一番力が伝わっていなかったのはラケットのせいだった、
ということだけは避けたいです。

バドミントンラケットを選ぶ時はデザイン値段より自分に合ったものを!

 

最近のラケットは年々技術が向上しており、
日を追うごとに使いやすいラケットが発売されてきています。
合ったラケットを使うのが一番ですが、
実際にはお店で数回素振りする程度が限界です。

 

手首の可動域や力の強弱、肘で振るのか腕全体で振るのかなど、
スタイルは人によってまちまちです。
ラケットも数多くの種類が販売されており、
それぞれにとって最適なものがあります。

 

しかし、合わないラケットを使うと、
思い通りに打てないことを自らのスタイルのせいだと錯覚してしまい、
自分の体ではなくラケットに合わせようとしてしまいます。
こうなると上達の遠回りになりますし、最悪ケガの原因にもなりえます。

 

的確なアドバイスを得たり、
数回試しただけでぴったりなラケットを見つけられれば、
それに越したことはないですが、現実にはなかなかそうはいきません。

バドミントンラケットを選ぶ方法とは?

 

一つポイントを挙げるとしたら、
バドミントンに慣れてきて中級レベルぐらいになったと思ったら、
そこからワンランク高い硬めのラケットを使ってみるのがおすすめです。

 

バドミントンに慣れてきているということは、
鋭いスイング、効率良いスイングがある程度できるようになっているはずですので、あえてラケットを変えてみると、意外に良い成績が出るかもしれません。

 

あとは純粋に人から借りましょう。
新たな発見があります。
全国レベルの選手でもラケット選びで試打を必ずします。
私は店から5本位借りても購入しないと気があります。

 

ショップの人に聞いてみて下さい。
意外と試打ラケットを貸してくれますよ!

バドミントンラケット交換時期の目安とは?

 

シャトルやガットに寿命があるように、
ラケットも同じように消耗品で、寿命があります。

 

ラケットに主に用いられるカーボンは、
ナノレベルですが断裂するものです。
使っているうちに繊維が断裂するので、
反発力が徐々に落ちていくのです。

 

一番ベスト状態でプレーし続ける目安としては、
だいたい週2回の練習だとして1年から1年半で交換しましょう。

 

ぶつけるなどのダメージがなくても、
ゲームで使うごとにダメージが蓄積されますので、
数年にわたって使い続けないようにしましょう。

バドミントンラケットの規定はあるの?

ちなみに、試合で使うラケットの大きさは、
きちんと規定が決められています。

 

フレームの全行680ミリ以内、
幅230ミリ以内となっています。

 

もし規定を超えると、
日本バドミントン協会などが主催、
協賛するような公式試合では死傷できません。

 

ラケットの素材はカーボン以外にはチタン、
アルミが多くみられ、一昔前までは野球のバットのように、
木製のものもありました。

バドミントンラケットはいくらぐらいのモノが良い?

 

値段は一番安いもので1000円程度、
高いものでは1万円、2万円を超えるものもあります。
当然ながら値段が高いほど高級な素材が用いられ、
設計にも尋常じゃない手間暇と時間がかかっています。

 

初心者がそのようなハイエンドモデルを買う必要はありませんが、
5000円~1万円程度のフルカーボンのものがおすすめです。

 

アルミ製のラケットなどはとても安価ですが、
重量があるためとても疲れてしまいますし、
真面目に始めるなら買うと恥ずかしくなります。

 

最初重いラケットだと肩、
手首のケガを引き起こす可能性があるので、
軽いものを使うようにしましょう。

バドミントンのラケットの基礎知識って知ってる?

 

バドミントンも、ほかのさまざまなスポーツのように、
とてもたくさんの用具があり、細かいルールがあります。
非常に奥が深く、楽しいものですが、専門用語も当然あります。

 

ここで、ラケット選びの時に頻出する専門用語を、
いくつかまとめて行きます。

 

ラケットは攻撃、守備両方に必要で、
常に握りしめるものですので、
必ず自分に合ったものを使うようにしてください。

ラケット選びで重要なスイングバランスとは?

ラケットを振ったとき、重く感じるのか、
軽く感じるかは、バドミントンでは数値にできます。
それはスイングバランステスターという機械によって測定します。

 

およそ、65から80ぐらいの数値だと、
振り抜きが軽い方に分類され、
初心者でも操作しやすい部類になります。

 

80を超えてくると若干重く感じるかと思われますが、
重くなるということはその分シャトルへ強い力が伝わり、
早く、重いスマッシュが打てます。

ラケット選びで重要なシャフトの柔らかさとは?

 

シャフトとは、ガットと柄の部分の間、
一般に「しなる」部分のことです。

 

シャフトが硬いのか柔らかいのかで、
シャフトの飛び方が大きく左右されます。

 

シャフトが硬いと、安定性がよく、
コントロールが高まる上に、
シャトルへ伝わるパワーもロスなく十分に伝わります。

 

しかし、しならない分ガットにシャトルが乗らず、
シャトル離れが早くなるのがデメリットです。

 

つまりタイミングを取るのが難しくなり、
フレームの力ではなく自分のリストや腕力がカギを握るのです。

 

柔らかいシャフトだと、シャフトが大きくしなるため、
シャトルが当たった際にはしなりを利用して簡単に遠くへ飛ばせます。
その分、シビアにタイミングを取らずとも、
ある程度は簡単に飛ばせます。

 

ですので、簡単に言えば硬いラケットは中級者、
上級者などある程度慣れてきてテクニックがついてきた方、
柔らかいラケットは初心者、
パワーに不安がある方などがおすすめです。

 

シャフトの軟らかいラケットは、
初心者、女性、年配のプレーヤーに好まれます。

バドミントンラケットの重さは【U】で表す?

 

ラケットの重さを表す記号が「U」です。
2Uや3Uなど、数字が大きくなるほど軽くなります。
具体的には

2U 90から95グラム
3U 85から90グラム
4U 80から85グラム
5U 75から80グラム

となっています。
ほんのわずかな差ですが、片腕で持ちますので、
実際に振ってみると簡単にわかるほど、違いがあります。

 

4Uや5Uなどの軽いラケットはとても操作性がよく、
扱いやすいため幅広い方におすすめできるラケットです。
特にダブルスの前線側は素早い動き、
ラケットさばきが必要ですので、特に便利に扱うことができます。

 

重いラケットはガットにシャトルが深くのめりこむため、
文字通り重いスマッシュを打てるのが特徴です。

 

シングルスで気合を入れて大会に臨むとか、
軽いラケットだと思うような力が出ていないと感じられたら、
3Uや2Uなどのラケットに変えてみてください。

 

今は軽い3U、4Uが主流ですが、私は2U派です笑

バドミントンラケットのグリップサイズは【G】で表す?

 

グリップの大きさは「G」で表します。
これは数字が大きくなるほど細くなります。

重さとグリップサイズは一つの記号として記載されており、
例えば3UG6というでは、重さが3U、グリップの太さがG6、
ということになり、重くて太いラケットになるということです。

 

グリップサイズは主に4,5,6の3段階で、
現在の大半のラケットは5になっています。

 

基本的にグリップの太さはテープで巻くことで調整ができるので、
あまり気にしなくても大丈夫です。

 

グリップが細いものは、操作性に優れており、
子供や女性などに最適になります。

 

太いものだと、パワーが伝わりやすいため、
激しく攻撃するスタイルの方に便利なラケットです。

バドミントンガットのポンド数って何?

 

ガットのポンド数とは、ガットの張りの強さのことです。
数字が大きいと、強く張られている、ということになります。

 

具体的には18ポンドから25ポンド以上までが基本となり、
18、20ポンドは初心者、中級者など主流の強さになります。
22ポンド以上になると上級者向け、
プロ選手レベルの張りの強さとなります。

 

24ポンド以上は全国大会の出場選手、
オリンピックメダリストほどのレベルがないと、
扱うのは非常に難しくなります。

 

ガットの張りが弱いと、ガットにシャトルが強く食い込み、
飛距離はありますが、壁に当たったかのような跳ね返りはありません。
ポンドが高いときつく張り詰めているため、
勢いよくシャトルが相手のほうへと飛んでいきます。

 

初心者の方はシャトルを遠くへ飛ばすのを意識するのがおすすめなので、
18から20ポンドがベストなポンド数になります。

バドミントンラケットに寿命はあるの?

 

ラケットの寿命は正式には決めされていませんが、
アルミなどなら金属疲労、カーボンなら繊維の断裂などが起こるため、
使っているうちにダメージは蓄積されてしまいます。

 

現在のラケットはカーボン製がメインですが、
カーボン繊維が断裂すると、反発力が弱くなり、
新品時のパフォーマンスよりは下がってしまいます。

 

反発力が弱くなってもシャフトが折れるわけではないので、
使用し続けることはできますが、
やはり2年程度で買い替えるのがおすすめです。

 

もし毎日必ず、数時間程度はやるほどヘビーに使うのであれば、
1年で買い替えても大丈夫です。

 

実際、部活動などで毎日ハードに使い続ける学生さんなどは、1年で折れます笑
年に2、3本折れるなんてザラでしたね。