バドミントンシューズを知ろう!シューズ選びでプレーが変わる?

 

バドミントン競技は基本的に全て体育館で行われます。
小学生中学生などに限らず、だれでも体育館を使うときには必ず
「上靴」が必要になります。

 

バドミントンは特に激しく動く競技で、
フットサルやバスケ、バレーよりも激しく靴を消耗することになるため、
自然とバドミントン専用のシューズが生まれました。
バドミントン時専用の素材、構造のシューズがあるのです。

 

ここから、バドミントンで使われるシューズの特徴をまとめて行きます。

バドミントンシューズは軽量で、通気性に優れている?

 

バドミントンは前後左右、コートいっぱいに動き回るスポーツです。
後述するグリップ力も大切ですが、まずはシューズの重さが無いこと、
そして通気性良く快適にプレーし続けられることが前提となります。

 

特にシューズの重さはプレーの質に直結するほど大きな要素になります。
少しでも軽い物を選びましょう!

 

ミズノのシューズなんかは、底部に穴が空いていたり、
様々な工夫が凝らしてあります。

バドミントンシューズはグリップ力が必要?

 

グリップ力とは摩擦のことで、
床と靴底の摩擦がしっかりとあるかどうかということです。

 

バドミントンのシューズはほかの競技のシューズに比べて、
靴底と床の接着面積が大きくなっており、
グリップ力が非常に強く取れるように作られています。

 

グリップ力がないとゲームで不利になるどころか、
足の安定性が失われ、ねん挫などのリスクが跳ね上がってしまいます。

 

ゴムが劣化したバドミントンシューズは使い物になりません。
ランニングシューズにでも使いまわした方が良いでしょう。

バドミントンシューズには練習や何試合にも耐えられる耐久性が必要?

 

バドミントンは激しいスポーツですので、
靴底はほかのスポーツよりも一気に消耗していきます。

 

さらにバドミントンシューズのつま先は、
左右のブレを極力抑えるように作られており、
独特のフットワークを必要とするバドミントン専用に作られています。

 

また、前方に来たシャトルをロビングやヘヤピンする際には、
踏み込む足の反対側の足はコートにぐっと引き付けなければなりません。
つまり一定の箇所に頻繁に強い力が加わるのも、
バドミントンの大きな特徴なのです。

 

独特な動きに耐えられるように設計してあるのも、
専用シューズならではの特徴です。

バドミントンシューズはメーカーごとに違う?

 

シャトルやラケットの製造メーカーが多岐にわたるように、
シューズのメーカーもたくさんあります。
各メーカー独自の素材を使ったり、
ターゲットを想定してそれに特化して設計をしたり、しのぎを削っています。

 

例えばヨネックスのシューズは独自のクッション材を使い、
反発性を維持しながらも高い軽量化を実現させ、
疲れにくいのに軽いというシューズの開発を成功させました。

 

また、野球のバットや卓球のラケットなど、
あらゆるスポーツ用品を手掛ける大手メーカーのミズノでは、
独自のプレートを用い、衝撃の吸収率と安定性を兼ね備えたバドミントンシューズを販売しています。

 

さらに日本人の足形にぴったりフィットすることを念頭に置いているのも、
大きな特徴になります。

 

普段使う靴を選ぶように、様々なものを試してみましょう。
シューズメーカーもラケットなどの製造メーカーに負けないぐらいたくさんありますので、是非時間をかけて選んで行きましょう。

バドミントンシューズの選び方は?

 

まず、サイズを選ぶときは、ぴったりのものがおすすめです。
普段使うものだと、少し大きめなほうが歩きやすく、
疲れにくいと言われますが、ゆったりとしたものだと足がずれ、
安定性がなくなります。

 

靴擦れやねん挫などのケガの可能性も高まります。
バドミントンでは特に前後の動きが頻繁に必要になるので、
できるだけ、ぴったりとしたものを選びましょう。

 

本当にメーカーごとに特性が違いますが、
特に靴の中が狭いと思った物を選ぶように勧めています。

 

動きの全てがストップ&ゴーなので、
靴の中で足が少しでも動くとプレーに影響します。

バドミントンシューズの手入れはどうするの?

 

その日に使ったバドミントンシューズは、
風通しの良い日陰において干してください。

 

もし時間がある学生さんとか、
毎日仕事終わりに必ずやるぐらいのプレーヤーであれば、
2足購入して交互に使うのもとてもお勧めです。

 

靴も非常に強く消耗する道具なので、休み休み使ったり、
こまめなメンテナンスをすることが必要です。

 

バドミントンシューズは安くても良いものがたくさんあります。
現に私は初心者シューズで全国大会の上位に食い込みましたので、
値段は関係ありません。自分に合うものが一番です。