バドミントンシャトルの種類や規定を解説!シャトルの作成工程①

テニスや野球で言うところの「ボール」は、
バドミントンにおいてシャトルと呼ばれます。
単に羽と呼ばれることもありますが、
シャトルという言葉には「往復する」という意味があります。

 

人によっては、ナイロン製でできたフニャフニャのシャトルを、
イメージする方もいると思います。

 

ナイロン製のシャトルも販売しておりますが、
遊びで使うシャトル以外(一部除く)は全て鳥の羽が使われています。
そして意外と奥が深いんです!

 

初心者の方で、気になる方は是非見ていって下さい。

バドミントンシャトルの規定とは?

 

バドミントンのシャトルの規定としては、
羽の数が16枚、サイズは先端となる球の部分から台まで、
およそ62ミリから70ミリの範囲に収まっていること、
と定められています。

 

先端の円は直径58ミリから68ミリ、
台の直径は25ミリから28センチ、
底部分は丸くするようにとされています。
重さは4.74グラムから5.50グラムまでです。

バドミントンのシャトルに種類なんてあるの?

 

羽部分の材質は天然素材のものや、
ナイロンなどの合成素材まで多岐にわたります。
例えば天然素材だと、ガチョウ、アヒルの羽を用いて、
製作されたものなどもあります。

 

現在のプロの試合などで使われる、
いわゆる公式球にはガチョウの羽が用いられ、
日本バドミントン協会の一種検定には、
ガチョウの羽を用いたシャトルを使うこと、
ときちんと定義されています。

 

ガチョウの羽はアヒルの羽よりも丈夫で、
耐久性に優れていることから、
公式の場で使われるようになりました。

 

しかし、ガチョウの羽だとその分高価になるため、
練習用で頻繁に使われているのはアヒルの羽を用いたシャトルです。
アヒルの羽は比較的安価に使うことがで切る上に、
アヒルのほうがきれいな白でとても人気があります。

 

初心者だときれいなアヒルの羽のシャトルを、
上質な良いシャトルと勘違いすることも珍しくありません。

バドミントンシャトルのコルクって何?

 

シャトルの円形の部分を、コルクと言います。
文字通り、ワインなどで使われるあのコルクでできています。
各メーカー、各グレードによってまちまちで、
天然コルクや圧縮コルク、コルクを模した人工コルクなどがあります。

 

打球感はやはり、天然コルクが抜群で、
上級者からも人気が高くなっています。
そして、そのコルクと羽を固定するのは糸と、
それに付く接着剤です。
これが不安定だと、円形が崩れてしまったり、
羽がバラバラになってしまうのです。

バドミントンシャトルの肝は接着剤?

 

メーカーによっては、
この接着剤にもこだわりがあるところもあります。
たかが接着剤と思われそうですが、接着剤によって、
シャトルそのものの耐久性、飛距離などを左右するのです。

 

高級な羽根は、接着剤が丁寧についており、
耐久性も非常に高いです。
手に取る機会があったら見比べてみましょう!

 

糸は機械によって16枚の羽をかがって行きますが、
最後の糸を切り、結ぶ作業は職にさんの手による人力です。
人力にもかかわらずまるで機械のような様子で、
1個1秒以下というスピードで仕上げていきます。

バドミントンシャトル作成の工程が多いって知ってる?

 

まずはシャトルに使われる羽、原毛を取るところから始まります。
当然ながら生きているガチョウ、アヒルなどからとりますので、
基本的に手作業となる部分が多くなります。

 

ちなみに、一つのシャトルが完成するまでには、
なんと30以上もの工程を踏まえなければならない上に、
生産者の高度な技術が不可欠です。

 

30以上の工程のほぼすべてに、細心の注意を払わなければ、
質のいいシャトルはできないのです。

 

殆ど中国製ですが、最近は中国のガチョウやアヒルの羽根が値上がりし、
某有名メーカーの方も結構きついって言ってました。

バドミントンシャトルの作成工程とは?

 

メーカーはまず、専属契約のガチョウ農家などから羽を調達します。
野生の鳥などから取っているわけではなく、
きちんとした飼育者から購入しています。

 

得た原毛を細かく選別していきます。
羽一つ一つに大きさやカーブの角度などがありますので、
それぞれの品質、外観、大きさなどを考慮して一つ一つ選んでいきます。
特に品質の優れたものをシャトルに用います。

バドミントンシャトルの作成工程のパンチングとは?

 

ある程度選んだら、次にパンチングに入ります。
パンチングとはシャトルの大きさに羽をカットしていく工程で、
1枚の大きい原毛から、シャトルに使う特定の部分だけを切り出していくので、
非常に緻密な作業となり、高度なテクニックが要されます。

 

パンチングされた原毛からさらに、曲がりの角度、外観などによって、
64の種類に分けられます。
設計したシャトルに一番適した飛行性能を、
発揮する羽だけを使わなければなりませんので、必然的に再び選別するのです。

 

その選別を潜り抜けてようやく、円形のコルクへと埋め込まれます。
人の手足が左右にあるように、鳥は左右に手足と羽があります。

バドミントンシャトルは全て16枚で出来ている?

 

詳しい理由は割愛しますが、実は一つのシャトルに用いられる羽には、
左右の羽が混ざっていることはありません。
必ず、どのメーカーでも。右の羽が16枚、
もしくは左の羽が16枚で製作されているのです。

 

シャトルに使われる羽が完成したら、いよいよコルク部分へと埋め込まれ、
実際に製品になっていきます。

 

完成までは、別記事にて続きをご紹介いたします。

バドミントンラケットのシャフトの重要性と選び方とは?

バドミントンで使うラケット選びにおいて、
大切なことは一にも二にも「自分に合っているかどうか」に尽きます。
ラケットは大きく分けて、柔らかいもの、硬いものに分けられます。

 

柔らかいというのはいわゆる、シャフトがよくしなるもの、
硬いものはその反対に、しならないものになります。
しなるものを好む人もいれば、しならないものを好む人もいます。

 

オールマイティに使える中間なものもありますが、
ここではこの二つに絞ってご紹介していきます。

バドミントンラケットのシャフトの柔さで何が変わる?

 

簡単に言えばまず、柔らかいラケットは飛びが良いため、
初心者の方に特におすすめです。
よく飛ぶのでプレーしていて楽しく、
とても爽快感があります。

 

硬いラケットは飛びよりもコントロールに優れ、
より高度な打ち合いができるのが特徴です。

 

しかしその分、飛ばし方に高度な技術が必要になるため、
自然と上級者向けのラケットとなります。

 

柔いと飛ばせるがコントロールをつけるのが難しい、
硬いとコントールは良いが打つのが難しい、ということです。

 

初心者だとコートの前後、
奥行きを使えるようになるのが最初の基本となりますので、
奥まで簡単に飛ばせるラケットがおすすめです。

シャフトが柔らかいとシャフトが硬いラケットの大切なポイントは?

 

2種類のラケットどちらにも言える大切なポイントが、
パワーロスの抑止です。

 

人の腕でスイングして、
シャトルへ力を伝えなければならないので、
必然的に100%の力がシャトルに伝わらなければ、
勢いよくは飛びません。

 

上手く力が伝わらないと、スマッシュを打っても遅い、
クリアを打っても飛ばない、ということが起きます。

 

打ち方にもよりますが、これはやはりラケット、
そしてガットの張り方なども大きく影響してきます。
一番力が伝わっていなかったのはラケットのせいだった、
ということだけは避けたいです。

バドミントンラケットを選ぶ時はデザイン値段より自分に合ったものを!

 

最近のラケットは年々技術が向上しており、
日を追うごとに使いやすいラケットが発売されてきています。
合ったラケットを使うのが一番ですが、
実際にはお店で数回素振りする程度が限界です。

 

手首の可動域や力の強弱、肘で振るのか腕全体で振るのかなど、
スタイルは人によってまちまちです。
ラケットも数多くの種類が販売されており、
それぞれにとって最適なものがあります。

 

しかし、合わないラケットを使うと、
思い通りに打てないことを自らのスタイルのせいだと錯覚してしまい、
自分の体ではなくラケットに合わせようとしてしまいます。
こうなると上達の遠回りになりますし、最悪ケガの原因にもなりえます。

 

的確なアドバイスを得たり、
数回試しただけでぴったりなラケットを見つけられれば、
それに越したことはないですが、現実にはなかなかそうはいきません。

バドミントンラケットを選ぶ方法とは?

 

一つポイントを挙げるとしたら、
バドミントンに慣れてきて中級レベルぐらいになったと思ったら、
そこからワンランク高い硬めのラケットを使ってみるのがおすすめです。

 

バドミントンに慣れてきているということは、
鋭いスイング、効率良いスイングがある程度できるようになっているはずですので、あえてラケットを変えてみると、意外に良い成績が出るかもしれません。

 

あとは純粋に人から借りましょう。
新たな発見があります。
全国レベルの選手でもラケット選びで試打を必ずします。
私は店から5本位借りても購入しないと気があります。

 

ショップの人に聞いてみて下さい。
意外と試打ラケットを貸してくれますよ!

バドミントンラケット交換時期の目安とは?

 

シャトルやガットに寿命があるように、
ラケットも同じように消耗品で、寿命があります。

 

ラケットに主に用いられるカーボンは、
ナノレベルですが断裂するものです。
使っているうちに繊維が断裂するので、
反発力が徐々に落ちていくのです。

 

一番ベスト状態でプレーし続ける目安としては、
だいたい週2回の練習だとして1年から1年半で交換しましょう。

 

ぶつけるなどのダメージがなくても、
ゲームで使うごとにダメージが蓄積されますので、
数年にわたって使い続けないようにしましょう。

バドミントンラケットの規定はあるの?

ちなみに、試合で使うラケットの大きさは、
きちんと規定が決められています。

 

フレームの全行680ミリ以内、
幅230ミリ以内となっています。

 

もし規定を超えると、
日本バドミントン協会などが主催、
協賛するような公式試合では死傷できません。

 

ラケットの素材はカーボン以外にはチタン、
アルミが多くみられ、一昔前までは野球のバットのように、
木製のものもありました。

バドミントンラケットはいくらぐらいのモノが良い?

 

値段は一番安いもので1000円程度、
高いものでは1万円、2万円を超えるものもあります。
当然ながら値段が高いほど高級な素材が用いられ、
設計にも尋常じゃない手間暇と時間がかかっています。

 

初心者がそのようなハイエンドモデルを買う必要はありませんが、
5000円~1万円程度のフルカーボンのものがおすすめです。

 

アルミ製のラケットなどはとても安価ですが、
重量があるためとても疲れてしまいますし、
真面目に始めるなら買うと恥ずかしくなります。

 

最初重いラケットだと肩、
手首のケガを引き起こす可能性があるので、
軽いものを使うようにしましょう。

バドミントンのラケットの基礎知識って知ってる?

 

バドミントンも、ほかのさまざまなスポーツのように、
とてもたくさんの用具があり、細かいルールがあります。
非常に奥が深く、楽しいものですが、専門用語も当然あります。

 

ここで、ラケット選びの時に頻出する専門用語を、
いくつかまとめて行きます。

 

ラケットは攻撃、守備両方に必要で、
常に握りしめるものですので、
必ず自分に合ったものを使うようにしてください。

ラケット選びで重要なスイングバランスとは?

ラケットを振ったとき、重く感じるのか、
軽く感じるかは、バドミントンでは数値にできます。
それはスイングバランステスターという機械によって測定します。

 

およそ、65から80ぐらいの数値だと、
振り抜きが軽い方に分類され、
初心者でも操作しやすい部類になります。

 

80を超えてくると若干重く感じるかと思われますが、
重くなるということはその分シャトルへ強い力が伝わり、
早く、重いスマッシュが打てます。

ラケット選びで重要なシャフトの柔らかさとは?

 

シャフトとは、ガットと柄の部分の間、
一般に「しなる」部分のことです。

 

シャフトが硬いのか柔らかいのかで、
シャフトの飛び方が大きく左右されます。

 

シャフトが硬いと、安定性がよく、
コントロールが高まる上に、
シャトルへ伝わるパワーもロスなく十分に伝わります。

 

しかし、しならない分ガットにシャトルが乗らず、
シャトル離れが早くなるのがデメリットです。

 

つまりタイミングを取るのが難しくなり、
フレームの力ではなく自分のリストや腕力がカギを握るのです。

 

柔らかいシャフトだと、シャフトが大きくしなるため、
シャトルが当たった際にはしなりを利用して簡単に遠くへ飛ばせます。
その分、シビアにタイミングを取らずとも、
ある程度は簡単に飛ばせます。

 

ですので、簡単に言えば硬いラケットは中級者、
上級者などある程度慣れてきてテクニックがついてきた方、
柔らかいラケットは初心者、
パワーに不安がある方などがおすすめです。

 

シャフトの軟らかいラケットは、
初心者、女性、年配のプレーヤーに好まれます。

バドミントンラケットの重さは【U】で表す?

 

ラケットの重さを表す記号が「U」です。
2Uや3Uなど、数字が大きくなるほど軽くなります。
具体的には

2U 90から95グラム
3U 85から90グラム
4U 80から85グラム
5U 75から80グラム

となっています。
ほんのわずかな差ですが、片腕で持ちますので、
実際に振ってみると簡単にわかるほど、違いがあります。

 

4Uや5Uなどの軽いラケットはとても操作性がよく、
扱いやすいため幅広い方におすすめできるラケットです。
特にダブルスの前線側は素早い動き、
ラケットさばきが必要ですので、特に便利に扱うことができます。

 

重いラケットはガットにシャトルが深くのめりこむため、
文字通り重いスマッシュを打てるのが特徴です。

 

シングルスで気合を入れて大会に臨むとか、
軽いラケットだと思うような力が出ていないと感じられたら、
3Uや2Uなどのラケットに変えてみてください。

 

今は軽い3U、4Uが主流ですが、私は2U派です笑

バドミントンラケットのグリップサイズは【G】で表す?

 

グリップの大きさは「G」で表します。
これは数字が大きくなるほど細くなります。

重さとグリップサイズは一つの記号として記載されており、
例えば3UG6というでは、重さが3U、グリップの太さがG6、
ということになり、重くて太いラケットになるということです。

 

グリップサイズは主に4,5,6の3段階で、
現在の大半のラケットは5になっています。

 

基本的にグリップの太さはテープで巻くことで調整ができるので、
あまり気にしなくても大丈夫です。

 

グリップが細いものは、操作性に優れており、
子供や女性などに最適になります。

 

太いものだと、パワーが伝わりやすいため、
激しく攻撃するスタイルの方に便利なラケットです。

バドミントンガットのポンド数って何?

 

ガットのポンド数とは、ガットの張りの強さのことです。
数字が大きいと、強く張られている、ということになります。

 

具体的には18ポンドから25ポンド以上までが基本となり、
18、20ポンドは初心者、中級者など主流の強さになります。
22ポンド以上になると上級者向け、
プロ選手レベルの張りの強さとなります。

 

24ポンド以上は全国大会の出場選手、
オリンピックメダリストほどのレベルがないと、
扱うのは非常に難しくなります。

 

ガットの張りが弱いと、ガットにシャトルが強く食い込み、
飛距離はありますが、壁に当たったかのような跳ね返りはありません。
ポンドが高いときつく張り詰めているため、
勢いよくシャトルが相手のほうへと飛んでいきます。

 

初心者の方はシャトルを遠くへ飛ばすのを意識するのがおすすめなので、
18から20ポンドがベストなポンド数になります。

バドミントンラケットに寿命はあるの?

 

ラケットの寿命は正式には決めされていませんが、
アルミなどなら金属疲労、カーボンなら繊維の断裂などが起こるため、
使っているうちにダメージは蓄積されてしまいます。

 

現在のラケットはカーボン製がメインですが、
カーボン繊維が断裂すると、反発力が弱くなり、
新品時のパフォーマンスよりは下がってしまいます。

 

反発力が弱くなってもシャフトが折れるわけではないので、
使用し続けることはできますが、
やはり2年程度で買い替えるのがおすすめです。

 

もし毎日必ず、数時間程度はやるほどヘビーに使うのであれば、
1年で買い替えても大丈夫です。

 

実際、部活動などで毎日ハードに使い続ける学生さんなどは、1年で折れます笑
年に2、3本折れるなんてザラでしたね。

バドミントンコートって広い?狭い?シングルス・ダブルスのコートの違いとは?

 

ここでは、バドミントンで使われるコートについて、
詳しくまとめて行きます。

 

バドミントンには卓球やテニスと同じく、
1対1のシングルスと2対2のダブルスがあります。
バドミントンで使われるラインは、
このシングルスとダブルスで異なるのが大きな特徴になります。

 

具体的なルールは別記事にてご紹介します。
まずはコートと、そこに描かれるラインについてまとめて行きます。

バドミントンのコートの広さ、各部の名称とは?

 

バドミントンのコートは、
全長縦13.4m、幅6.1mと決められています。

 

シングルスでは内側のサイドラインを基準に、
ダブルスでは外側のサイドラインを基準にしていきます。

 

ただし、バドミントンでは、
サーブ時やラリー中にインエリアとなる範囲が変わるので、
注意してください。

 

バドミントンのコートで使われるラインは

  • ショートサービスライン
  • ロングサービスライン(シングルス・ダブルス)
  • サイドライン(シングルス・ダブルス)
  • バックパウンダリーライン
  • センターライン

があります。

バドミントンのプレイエリア(インエリア)は?

 

バドミントンではシングルスやダブルス、
サーブを打つ際に、プレイエリアが変わります。

 

具体的には、
シングルス時にラリー中であれば、
サイドラインは内側のラインまでインエリア扱いになります。
バックパウンダリーラインも同じように、
サイドラインの内側がインエリア扱いです。

シングルスでサーブするときのインエリアは?

 

サーブはシングルスでもダブルスでも、
サーブを打つ人から見て対角線側に打ちます。

 

シングルスの場合では、ショートサービスラインから、
バックパウンダリーラインの間にシャトルが落ちるように打つ必要があります。

 

もしショートサービスラインからネット側に落ちたら、
アウトとなり、レシーブ側に点が入ります。

ダブルスでラリー中のインエリアは?

 

ダブルスでラリー中は、外側のサイドライン、
バックパウンダリーラインが基準となります。
つまりコート全面がインエリアとなります。

ダブルスでサーブを打つときのインエリアは?

 

シングルスのように、ダブルスでもサーバーから見て、
対角線側にサーブを打たなければなりません。

 

また、シングルスと同じように、
ショートサービスラインよりネット側に落ちた場合には、
レシーブ側の得点となります。

 

シングルスのサーブと違うのは、
ショートサービスラインからダブルスのロングサービスライン、
つまり内側の方のロングサービスラインに入るように打つ必要があります。

 

サイドラインは外側のサイドラインまでがインエリアとなります。

バドミントンのシングルスコートで全面はキツイ!複雑なルール

 
以上、バドミントンのコートについてまとめていきました。

 

わかりにくいところもあると思うので、
画像を見たり、実際にゲームを重ねていく中で覚えていきましょう。

 

特に基礎打ち、ノックなどの練習を行う際に、
エリアを意識して打ってみると、早く覚えられますし、
インアウトの判断、ミスショットの防止になり、
上達していきますので、とてもお勧めです。

 

バドミントンには複雑なルールもあるので、
なんとなくでやらずに是非覚えていってください。

バドミントンルールに関する諸説

 

なぜ複雑なルールになっているのかというと、
バドミントンの始まりとされている、
バドミントン荘によるものという考え方があります。

 

1800年代、イギリスにあるバドミントン荘という邸宅で、
現在のバドミントンの原型ともいえるゲームが始まりました。

 

バドミントン荘の形状が、
バスケットボールのフリースローレーンのようなコートが、
二つ繋がったようになっており、
それぞれにプレーヤーが入り、
ネット越しに向かい合って打っていたためです。

 

バスケをやる方ならお分かりかもしれませんが、
要するにバックパウンダリーラインからネットの方へは、
台形のように狭くなっているのです。

 

起源には諸説ありますので一概には言えませんが、
このような説もあるのです。