ショットの名称と打ち方のコツとは?

スマッシュ、クリアーについては、
前回説明したとおりです。

 

他にも色々なショットがありますので、

  • ドライブ
  • ドロップ
  • カット
  • ヘアピン
  • ロブ(ロビング)
  • プッシュ

の説明していきたいと思います。

 

どれもバドミントンにおいて必要なショットですので、
初心者の方はポイントを覚えて上達に役立てて下さい。

 

高速の打ちあいに使う?ドライブとは?

 

ドライブとは、コートに並行して、
ネットをギリギリかすめないぐらいの軌道で打つショットです。
平衡に打つので、スピードの速さが命です。

 

ダブルスで主に使われるショットで、
手前にいる人が相手のコートへ押し込むように打つあのショットです。

 

なるべく足を使い、回り込んで打つのがコツです。
手内になるとミスが出やすく、コントロールし難いショットになります。

相手を怯ませる?ドロップとは?

 

相手のコートのネット際にふわっと落ちていく軌道のショットです。
流れを一気に変えるような力を持ちます。
スマッシュのように高い位置から打ちますので、
相手は足元めがけて来ると思います。

 

しかし実際には、
ネットギリギリのところにぽとっと落ちるだけですので、
強力なフェイント技として有効です。
多用してしまうと簡単に読み切られて逆に攻め込まれる危険もあります。
スマッシュと組み合わせて打つのが重要です。

 

特にダブルスでの使用が多いと思います。
上手くなるとカット気味のドロップの方が打ちやすくなります。
初心者のうちは気にする必要はありません。

素早く落ちる?カットとは?

 

ドロップのように相手のネット際へと落とすショットですが、
ドロップよりは鋭く落ちるのが特徴です。
コルクの部分をこするように、ラケットの面を斜めにして振りぬきます。

 

スマッシュのように振り抜きますが、ドロップのようにふわりとは落ちず、
鋭くネットの際へと落ちるのが特徴です。

 

とても攻撃的で狡猾なショットですが、
その分打つのがとても難しいショットです。
是非とも習得してみましょう。

 

覚えればドロップより使用頻度が高いショットになります。

サーブの次に大事かも?ヘアピンとは?

 

ネット前に落ちそうな打球を、相手のネット前へと落とすショットです。
シャトルの動きが文字通りヘアピンのようになります。

 

精度がカギで、ミスしたら相手のチャンスボールになり、
一気にピンチになりかねません。
コツはシャトルの軌道上で、
一番高くなる位置は自分の側のコートに持ってくることです。

 

つまり、相手の側のコートへは落ちていくだけ、という風にするのです。
一筋縄ではとても行きませんが、これも便利な技なので、
是非習得してみてください。

 

ネットを制するものは・・・と言われているだけ大切なショットです。
感覚の必要なショットですので、上達には、回数を重ねるしかありません。

ネット前からコートの奥に打つ球?ロブ(ロビング)とは?

 

ネット前に打たれたシャトルを相手のコートの奥へと運ぶショットです。
ドロップ、ヘアピンを打たれた時など、
体勢を崩されながらネット前に誘い出された時に有効で、
高く、遠くへ飛ばすことで、体制を治す時間を稼げるのです。

 

フェイント技と組み合わせてあえて自分が使うのも有効です。
ヘアピンと組み合わせて使いこなせるだけで、
簡単にノータッチエースを決めることさえできます。

 

初心者で気をつけたい点としては、振りぬくことですね。
振りぬけないと他のショットにも影響してきますので、
まずはしっかり振りぬいて奥まで飛ばすことを念頭にやりましょう。

一番決まりやすいショット?プッシュとは?

 

プッシュとは、ネット際のシャトルを鋭く叩く技で、
スマッシュのように決め技として使うことができます。
鋭く、コンパクトに振り抜くのがカギです。

 

ネット際で打ちますので、
大振りをしてラケットがネットに当たってしまうと反則になりますので、
注意してください。
相手の打ち損じたショットなどを叩くのに便利な技になります。

 

一番決まりやすいですが、
ミスをしたときのショックが一番大きいショットです。

バドミントンショットをマスターして上達しよう!

 

以上、バドミントンの主力となるショットについて、
いくつかご紹介いたしました。

 

細かい打ち方などを踏まえれば、
もっとたくさんの種類のショットに分けられますが、
ひとまずはこのあたりを習得してみましょう。

 

これらのショットが基本となりますので、
是非とも練習して、身に着けていきましょう。
きれいなショットが打てれば、ゲームで強くなり、
やっていて楽しくなるので、是非とも練習してみてください。

 

上手い人や歴の長い人と練習していると、
いろいろなショットを教えてくれるかもしれませんので、
積極的に聞いたり、練習を見てみたりして、覚えるのも有効です。

 

ただ、前記事で書いたように、サーブには特に注意してください。
フォルトを取られると1点取られてしまいますので、
それで勝負が決まってしまうということもあり得ます。

 

あえてサーブから極めていくのもおすすめです。

コメントを残す