バドミントン初心者は握り方に気をつけて!グリップの握りの極意とは?

前回はバドミントンのラケットの握り方についてまとめて行きましたが、
今回はもう少し詳しく掘り下げていきます。

 

現在、最も一般的で幅広い方の持ち方は、イースタングリップです。
フォアハンドグリップなどとも呼ばれることもあります。

 

イースタングリップはラケットの面が床に垂直になり、
手首の向きは握手をするような向きになります。
この握り方は体のフォアに来たシャトルを打ち返すのに最適です。

 

これが基本ですので、徹底的にマスターして下さい。

なぜバドミントンにおいてウエスタングリップがダメなのか?

 

ウエスタングリップはラケットのフェースの面を床と平行にして、
真上からグリップを握るような図になります。

 

本当の初心者の方は、殆どがこれに当たります。
手首の可動範囲が狭く、シャトルを目の前で捉えやすく、
タイミングも合わせやすいので、ウエスタングリップになってしまうようです。

 

ウエスタングリップは、デメリットしかありません。
手首の可動範囲がほかのものよりも狭くなり、
通常のシャトルがとても打ちにくくなります。

 

ウエスタングリップは、リバースカットが打ちやすいをいう利点のみで、
上達の妨げになります。

イースタングリップ以上に使うかも?バックハンドの握り方

 

自分の左側にシャトルが来た場合の殆どで、バックハンドを使います。
バックハンドで使う場合には、
当然バックハンドの握りに変えるのがおすすめです。

 

イースタングリップで、親指を立てて指の腹をグリップに這わせるように変えます。
「いいね」を表す、サムアップのように握ります。

 

イースタングリップからウエスタングリップの反対方向に若干グリップを回転させ、
グリップでも一番広い面(ラケットの面と平行してある)に、
立てた親指をつける感じです。

 

バックハンドにも親指を這わせる位置によって、打つショットが変わりますが、
上記の基本を身につけたら、親指の位置をずらすなどして、
ショットによって変えるのも良いと思います。

バドミントンラケットのグリップはどこを握れば良いの?

 

グリップの握る位置としては、
だいたいグリップエンド(面の反対側、端の方)に掌の下が、
ちょうどかかるぐらいがベストです。

 

そこを余して短く持つと、
球威が落ちる代わりにネット際の攻防のような、
スピードのあるラケットさばきができます。

 

特にダブルスのドライブ合戦、前衛での速いタッチ、
レシーブをやる場合にはとても便利です。

 

反対に、グリップエンドの際まで持つと、
遠心力がつくため最大のパワーでシャトルを叩き返すことができますが、
コントロールが難しくなります。どちらも一長一短あります。

 

初心者は、あまりこだわらず、
グリップエンド側を持つと良いでしょう。
そして忘れてはならないのが、後述する「握るときの力加減」です。

バドミントンラケットのグリップを握る力の重要性とは?

 

シャトルのコントロールは、
実はグリップがカギを握る問題です。

 

ラケットの面にジャストミートしたつもりが、
的外れのところに当たっていて全然飛ばない、
というようなことは、大抵グリップの握りに問題があるのです。

 

基本となる握り方はイースタングリップですので、
おそらくはイースタングリップで握っているかと思います。
もしその握りをしているのに、上手くコントロールできないのであれば、
原因は握りの力加減にあるかもしれません。

バドミントンラケットのグリップを握る力の加減とは?

 

イースタングリップの握りは中指、薬指、小指でグリップを強く握り、
親指と人差し指にはあまり力を入れずに添える程度にしておきます。
常に5本の指に力が入るとグリップがガッチリとロックされ、
ラケットの持ち替えや手首の返しが硬く、素早い対応が難しくなります。

 

さらにそれは、レシーブにも多大に影響し、
上手く返せない原因も、親指と人差し指に力が入っているからかもしれません。

 

親指、人差し指に力を入れるのは、ショットの瞬間だけです。
そのほかは、親指と人差し指以外の指で保持して、
相手から来たシャトルに対応しましょう。

 

これを意識すると、
ラケットのコントロールが飛躍的に上達するはずです。

バドミントンはラケットワークだけでは上達できない?

 

ただ、握り方、打ち方を学んでも、
やはり腕力を鍛えるのはとても重要なことです。
バドミントンの上達のためには、
筋肉を鍛えることは絶対に欠かせません。

 

別記事で、
バドミントンの上達に役立つ筋力アップについてご紹介していきます。
筋力が上がるとあらゆる場面で、相手よりも有利に動くことができます。
つまり、筋力の量がそのままアドバンテージにつながるということです。

 

また、一流選手のスタイル、
打ち方をまねしてもなかなかうまくいかないのは、
やはり体格や筋力に大きな差があるためです。

 

少しでも一流選手に近づくため、
また相手と差をつけるために、
是非筋力トレーニングも取り入れてみてください。

コメントを残す