ショットの名称と打ち方のコツとは?

スマッシュ、クリアーについては、
前回説明したとおりです。

 

他にも色々なショットがありますので、

  • ドライブ
  • ドロップ
  • カット
  • ヘアピン
  • ロブ(ロビング)
  • プッシュ

の説明していきたいと思います。

 

どれもバドミントンにおいて必要なショットですので、
初心者の方はポイントを覚えて上達に役立てて下さい。

 

高速の打ちあいに使う?ドライブとは?

 

ドライブとは、コートに並行して、
ネットをギリギリかすめないぐらいの軌道で打つショットです。
平衡に打つので、スピードの速さが命です。

 

ダブルスで主に使われるショットで、
手前にいる人が相手のコートへ押し込むように打つあのショットです。

 

なるべく足を使い、回り込んで打つのがコツです。
手内になるとミスが出やすく、コントロールし難いショットになります。

相手を怯ませる?ドロップとは?

 

相手のコートのネット際にふわっと落ちていく軌道のショットです。
流れを一気に変えるような力を持ちます。
スマッシュのように高い位置から打ちますので、
相手は足元めがけて来ると思います。

 

しかし実際には、
ネットギリギリのところにぽとっと落ちるだけですので、
強力なフェイント技として有効です。
多用してしまうと簡単に読み切られて逆に攻め込まれる危険もあります。
スマッシュと組み合わせて打つのが重要です。

 

特にダブルスでの使用が多いと思います。
上手くなるとカット気味のドロップの方が打ちやすくなります。
初心者のうちは気にする必要はありません。

素早く落ちる?カットとは?

 

ドロップのように相手のネット際へと落とすショットですが、
ドロップよりは鋭く落ちるのが特徴です。
コルクの部分をこするように、ラケットの面を斜めにして振りぬきます。

 

スマッシュのように振り抜きますが、ドロップのようにふわりとは落ちず、
鋭くネットの際へと落ちるのが特徴です。

 

とても攻撃的で狡猾なショットですが、
その分打つのがとても難しいショットです。
是非とも習得してみましょう。

 

覚えればドロップより使用頻度が高いショットになります。

サーブの次に大事かも?ヘアピンとは?

 

ネット前に落ちそうな打球を、相手のネット前へと落とすショットです。
シャトルの動きが文字通りヘアピンのようになります。

 

精度がカギで、ミスしたら相手のチャンスボールになり、
一気にピンチになりかねません。
コツはシャトルの軌道上で、
一番高くなる位置は自分の側のコートに持ってくることです。

 

つまり、相手の側のコートへは落ちていくだけ、という風にするのです。
一筋縄ではとても行きませんが、これも便利な技なので、
是非習得してみてください。

 

ネットを制するものは・・・と言われているだけ大切なショットです。
感覚の必要なショットですので、上達には、回数を重ねるしかありません。

ネット前からコートの奥に打つ球?ロブ(ロビング)とは?

 

ネット前に打たれたシャトルを相手のコートの奥へと運ぶショットです。
ドロップ、ヘアピンを打たれた時など、
体勢を崩されながらネット前に誘い出された時に有効で、
高く、遠くへ飛ばすことで、体制を治す時間を稼げるのです。

 

フェイント技と組み合わせてあえて自分が使うのも有効です。
ヘアピンと組み合わせて使いこなせるだけで、
簡単にノータッチエースを決めることさえできます。

 

初心者で気をつけたい点としては、振りぬくことですね。
振りぬけないと他のショットにも影響してきますので、
まずはしっかり振りぬいて奥まで飛ばすことを念頭にやりましょう。

一番決まりやすいショット?プッシュとは?

 

プッシュとは、ネット際のシャトルを鋭く叩く技で、
スマッシュのように決め技として使うことができます。
鋭く、コンパクトに振り抜くのがカギです。

 

ネット際で打ちますので、
大振りをしてラケットがネットに当たってしまうと反則になりますので、
注意してください。
相手の打ち損じたショットなどを叩くのに便利な技になります。

 

一番決まりやすいですが、
ミスをしたときのショックが一番大きいショットです。

バドミントンショットをマスターして上達しよう!

 

以上、バドミントンの主力となるショットについて、
いくつかご紹介いたしました。

 

細かい打ち方などを踏まえれば、
もっとたくさんの種類のショットに分けられますが、
ひとまずはこのあたりを習得してみましょう。

 

これらのショットが基本となりますので、
是非とも練習して、身に着けていきましょう。
きれいなショットが打てれば、ゲームで強くなり、
やっていて楽しくなるので、是非とも練習してみてください。

 

上手い人や歴の長い人と練習していると、
いろいろなショットを教えてくれるかもしれませんので、
積極的に聞いたり、練習を見てみたりして、覚えるのも有効です。

 

ただ、前記事で書いたように、サーブには特に注意してください。
フォルトを取られると1点取られてしまいますので、
それで勝負が決まってしまうということもあり得ます。

 

あえてサーブから極めていくのもおすすめです。

バドミントンのサーブのルールと、クリアーとスマッシュの説明

 

バドミントンには、テニスや卓球と同じように、
サーブ、ラリー、スマッシュなどがあります。
ここで、バドミントンのショットについて詳しくまとめていきます。

 

まずは、ほかの競技でも最初に必ず行われる「サーブ」からです。
試合は全て、どちらかの選手のサーブから始まります。

 

サーブにはルールが厳しく決められており、
プロ選手でもサーブの反則を取られることは全く珍しくありません。
もし反則をしてしまうと相手にサーブ権が移るのではなく、
なんと相手に得点が与えられてしまうので、特に注意する必要があります。

 

必ずやらなければならないので、
サーブのルールは是非とも覚えておいてください。

バドミントンで一番大切?サーブのルールと打ち方とは?

 

サーブの打ち方を箇条書きにすると、

  1. サーバー(サーブを打つ方)とレシーバー(サーブを受ける人)が構えた後、不当にサーブを遅らせない
  2. サーバーはラインに触れない、またいがない
  3. サーバーの両足は、サーブの動作の開始から打つまで、一部分以上がコートに接していること
  4. サーブはシャトルのコルク部分を最初に打つこと
  5. サーバーがサーブを打つとき、シャトルの全体はサーバーの腰よりも下にあること
  6. サーバーのラケットは、サーブを打つときに下向きになっていること
  7. サーブの動作の開始から、打つまで、動きを止めずに行うこと

などです。

 

これはあくまでも一部分で、公式試合でもさらにルールが加わらいます。
サーブには「供給する」などの意味があり、
テニスのような攻撃的なショットは基本的に認められません。

 

サーブを打ち、相手へと渡ると、ラリーが始まり、
クリア、スマッシュ、ドライブなどのショットを織り交ぜていきます。
ショット名『クリアー』とは奥まで飛ばすショット?

 

クリアーとは、相手のコートの奥へシャトルを運ぶ打球です。
相手が構えていないコートの奥のラインぎりぎりへとシャトルを落として、
得点を狙う、ラリーをするというようなものです。

 

シングルスでは使う頻度が高いので、
是非使いこなせるようになりましょう。

 

クリアーにもいくつか種類がありますので、
具体的にご紹介していきます。

高いクリアーのハイクリアー

 

文字通り、高いクリアです。
フライを打ち上げるように、高い弾道でコートの奥を狙います。

 

弾道が高いので、滞空時間が長くなり、
自分の体勢を立て直したり、次の展開を考えることができます。

 

さらに、打たれたほうの相手はシャトルを追い、
拾わなければなりませんので、相手を消耗させることにも役立ちます。

攻めのクリアーであるドリブンクリアー

 

ほかのクリアと同じように、
コートの奥へシャトルを打つショットですが、
ドリブンクリアはハイクリアとは違い、
低い弾道で一直線にコートの奥へ打つというショットです。

 

ハイクリアと違って滞空時間が短く、
とても素早いショットです。

 

また、弾道が低い分相手はハイクリアよりも打ち返しやすくなりますが、
その分素早い反応が必要になります。
ですので、コースが甘かったりすると逆に打ち返され、
一気に攻められる危険も持ちます。

バドミントンの花形?スマッシュとは?

 

テニスや卓球のように、バドミントンでも、
スマッシュは非常に重要な役割を持つショットになります。
力強いスマッシュを決めた瞬間はやはり、
ほかのショットにはない爽快感がありみあす。

 

バドミントンでは、高い打点から相手の足元へと鋭く打ち下ろすのが、
スマッシュとなります。

 

シャトルを、相手が絶対打ち返せない足元へと叩き落すような感じですが、
ただ力任せに叩きつけるのではなく、軌道を意識して変えてみましょう。
スピードを変えて緩急をつけたりするなどの変化を与えないと、
相手も気づき、対応してきます。

 

ワンパターンなスマッシュ程カウンターを狙いやすいものはありません。
コース、角度、緩急を上手く組み合わせて打てるようになれば、
上級に近づけます。

バドミントンショットで大切なことついて

 

以上、基本となるサーブ、クリア、スマッシュについてまとめました。

 

全て大切なショットですが、サーブは練習すれば確実に上手くなるので、
勝てる選手になれます。
サーブをおろそかにせず、日々の練習をして下さい。

 

別記事にてドライブ、ドロップ、カットなどをご紹介します。
多様なショットを使いこなせるようになると、
攻撃や守備に幅ができて、とてもお勧めです。

バドミントン初心者は握り方に気をつけて!グリップの握りの極意とは?

前回はバドミントンのラケットの握り方についてまとめて行きましたが、
今回はもう少し詳しく掘り下げていきます。

 

現在、最も一般的で幅広い方の持ち方は、イースタングリップです。
フォアハンドグリップなどとも呼ばれることもあります。

 

イースタングリップはラケットの面が床に垂直になり、
手首の向きは握手をするような向きになります。
この握り方は体のフォアに来たシャトルを打ち返すのに最適です。

 

これが基本ですので、徹底的にマスターして下さい。

なぜバドミントンにおいてウエスタングリップがダメなのか?

 

ウエスタングリップはラケットのフェースの面を床と平行にして、
真上からグリップを握るような図になります。

 

本当の初心者の方は、殆どがこれに当たります。
手首の可動範囲が狭く、シャトルを目の前で捉えやすく、
タイミングも合わせやすいので、ウエスタングリップになってしまうようです。

 

ウエスタングリップは、デメリットしかありません。
手首の可動範囲がほかのものよりも狭くなり、
通常のシャトルがとても打ちにくくなります。

 

ウエスタングリップは、リバースカットが打ちやすいをいう利点のみで、
上達の妨げになります。

イースタングリップ以上に使うかも?バックハンドの握り方

 

自分の左側にシャトルが来た場合の殆どで、バックハンドを使います。
バックハンドで使う場合には、
当然バックハンドの握りに変えるのがおすすめです。

 

イースタングリップで、親指を立てて指の腹をグリップに這わせるように変えます。
「いいね」を表す、サムアップのように握ります。

 

イースタングリップからウエスタングリップの反対方向に若干グリップを回転させ、
グリップでも一番広い面(ラケットの面と平行してある)に、
立てた親指をつける感じです。

 

バックハンドにも親指を這わせる位置によって、打つショットが変わりますが、
上記の基本を身につけたら、親指の位置をずらすなどして、
ショットによって変えるのも良いと思います。

バドミントンラケットのグリップはどこを握れば良いの?

 

グリップの握る位置としては、
だいたいグリップエンド(面の反対側、端の方)に掌の下が、
ちょうどかかるぐらいがベストです。

 

そこを余して短く持つと、
球威が落ちる代わりにネット際の攻防のような、
スピードのあるラケットさばきができます。

 

特にダブルスのドライブ合戦、前衛での速いタッチ、
レシーブをやる場合にはとても便利です。

 

反対に、グリップエンドの際まで持つと、
遠心力がつくため最大のパワーでシャトルを叩き返すことができますが、
コントロールが難しくなります。どちらも一長一短あります。

 

初心者は、あまりこだわらず、
グリップエンド側を持つと良いでしょう。
そして忘れてはならないのが、後述する「握るときの力加減」です。

バドミントンラケットのグリップを握る力の重要性とは?

 

シャトルのコントロールは、
実はグリップがカギを握る問題です。

 

ラケットの面にジャストミートしたつもりが、
的外れのところに当たっていて全然飛ばない、
というようなことは、大抵グリップの握りに問題があるのです。

 

基本となる握り方はイースタングリップですので、
おそらくはイースタングリップで握っているかと思います。
もしその握りをしているのに、上手くコントロールできないのであれば、
原因は握りの力加減にあるかもしれません。

バドミントンラケットのグリップを握る力の加減とは?

 

イースタングリップの握りは中指、薬指、小指でグリップを強く握り、
親指と人差し指にはあまり力を入れずに添える程度にしておきます。
常に5本の指に力が入るとグリップがガッチリとロックされ、
ラケットの持ち替えや手首の返しが硬く、素早い対応が難しくなります。

 

さらにそれは、レシーブにも多大に影響し、
上手く返せない原因も、親指と人差し指に力が入っているからかもしれません。

 

親指、人差し指に力を入れるのは、ショットの瞬間だけです。
そのほかは、親指と人差し指以外の指で保持して、
相手から来たシャトルに対応しましょう。

 

これを意識すると、
ラケットのコントロールが飛躍的に上達するはずです。

バドミントンはラケットワークだけでは上達できない?

 

ただ、握り方、打ち方を学んでも、
やはり腕力を鍛えるのはとても重要なことです。
バドミントンの上達のためには、
筋肉を鍛えることは絶対に欠かせません。

 

別記事で、
バドミントンの上達に役立つ筋力アップについてご紹介していきます。
筋力が上がるとあらゆる場面で、相手よりも有利に動くことができます。
つまり、筋力の量がそのままアドバンテージにつながるということです。

 

また、一流選手のスタイル、
打ち方をまねしてもなかなかうまくいかないのは、
やはり体格や筋力に大きな差があるためです。

 

少しでも一流選手に近づくため、
また相手と差をつけるために、
是非筋力トレーニングも取り入れてみてください。

バドミントングリップの握りの種類について解説!初心者は何が良い?

バドミントンのラケットの握り方は、大きく分けて3つあります。
イースタングリップと、ウエスタングリップ、
そしてコンチネンタルグリップの3つです。

 

基本的に、初心者でもプロでもどれかの握りですが、
初心者だとこの握り方の時点で、不利なものになっている可能性があります。
実はテニス、野球、ゴルフなどの道具の握り方は、
平たく言ってしまえばだいたいどんなものでも大丈夫です。
自分に合った握り方で握っても問題ありません。

 

しかし、バドミントンのラケットは、握り方が少し変わると、
手首の回転、面の向きなどで変化が生まれ、ショットに多大な影響を及ぼすのです。

 

現在の大半の方はイースタングリップ、
もしくはコンチネンタルグリップで握っており、
実際にどちらかで握るのをお勧めします。
今回は、上記の3つの握り方について詳しくまとめていきます。

バドミントンの握り【ウエスタングリップ】

 

ウエスタングリップとは、バドミントンの経験がない全くの初心者の方、
全くやらない普通の方にラケットを持たせたときの、あの握りのことです。
「ラケットを持ってください」と良い、自然に持たせたときの握りです。

 

具体的に言うと、ラケットの面が地面と平行になり、
ちょうどフライパンを持つような握りのことです。
ラケットの面が正面を向くので、シャトルをとらえられやすくなりますが、
実はこのウエスタングリップはあまりおすすめできません。

 

それはバックハンドからフォアハンドの切り替えが、
非常に難しくなるためです。
ほかにも、シャトルを打ち返すのにシャトルのコースが簡単に見破られ、
打ち返すのが驚くほど簡単なのです。

 

バドミントンでは相手のラケットの面を見れば、
どういうコースでシャトルが飛ぶかがある程度わかりますので、
少し慣れた方とやるのであれば、
どんな渾身のスマッシュでもあっけなく返されます。

 

わかりやすく5本の指全てをぐっと握りこみ、がっちりと保持する握りですが、
レクの一環で羽根つきのように楽しむのであれば全く問題ないですが、
試合ではとても不利な展開を強いられる可能性が高いです。

 

ですので、よほどこだわりがない限り、
後述のイースタングリップかコンチネンタルグリップの握り方にしましょう。

バドミントンの握り【イースタングリップ】

 

イースタングリップとは、
面が地面に対して垂直に立つように持つ持ち方です。

 

握り方としては、小指、薬指、中指で保持して、
親指と人差し指を合わせて力を入れて握りこむのは、
ショットを打つ瞬間だけです。

 

イースタングリップ一番のメリットは、
ウエスタングリップの一番のデメリットである、
シャトルのコースがばれるという点が解消されている点です。

 

垂直に立っているため、
手首の返しを使って面を若干ずらすことができます。
ショットの瞬間まで、打つコースがわかりにくくなり、
これでは見破ることはなかなか難しくなります。

 

さらに、必要な力は腕力ではなく、
手首の返し、リストの強さですので、
ラケットを大振りせずとも強いショットが打てる握り方になります。

イースタングリップが勧められないタイプは?

 

シャトルをきれいにとらえる感覚がないと、
上手くショットが打てなかったり、
古傷があってリストの強さに不安があるという方には、
あまりおすすめできません。

 

初心者がゼロから身に着けるには、ある程度の時間がかかり、
素振りもかなりの量が必要になるかもしれません。

 

シャトルをとらえる感覚が身に付き、
上手く返せるようになって来たという時期なら、
是非気合を入れて習得してみてください。

バドミントンの握り【コンチネンタルグリップ】

 

コンチネンタルグリップは、
イースタンとウエスタンの中間のような握り方です。
コンチネンタルグリップの握り方が、
一般的なテニスラケットの握り方に近い握り方です。
現在のトップ選手に特に人気がある握り方になります。

 

コンチネンタルグリップの一番の特徴は、ずばり「フェイント」にあります。

 

例えばイースタングリップなら、
オーバーハンド時に手首の返しを使ってフェイントをかけられますが、
ヘアピンのようなネット際のショットには上手く使うことはできません。

 

しかし、コンチネンタルグリップならネット際から何から、
あらゆるフェイント技を活用できる握り方です。

 

欠点としては、イースタングリップの応用となる握り方なので、
基本となるイースタングリップを身に着けてからでないと、
上手く習得することが難しいという点です。

バドミントン初心者の握りは何が良いの?

以上、簡単にですが、
3つの握り方についてまとめて行きました。

 

初心者は、もちろんイースタングリップです。
色々と書きましたが、トップ選手は、イースタングリップを基本に、
ショットによって変えることが殆どです。

 

まずはイースタングリップをマスターしましょう!

 

別記事にて、各グリップの詳しいこと、
そして握り方について肝心な「力加減」についてまとめて行きますので、
そちらも参考にしてみてください。