バドミントンのシャトル選びは上達への近道?

バドミントンシャトルについては、
作業工程や特性等を他のページからお伝えいしていますが、
非常に奥が深く、デリケートなものだと分かっていただいたと思います。

 

試合で使うシャトルもまた違います。
非常に良いシャトルなので練習の時に使うとためらいます。

 

どういったシャトルが試合に使われるのか?
どういったシャトルを使えば上達できるのか?
を合わせて説明していきたいと思います。

バドミントンの試合で認定を受けないシャトルは使えない?

 

ガチョウの羽を使った高級なシャトルは、
それだけでたくさんの手間暇がかかり、材質も高級なものですが、
試合で用いられるシャトルはさらに厳正な審査を受け、
合格しなければなりません。

 

一般に「検定球」と呼ばれているシャトルは全て、
日本バドミントン協会に提出して品質チェックを受けています。
厳正なチェックを受けたシャトルが、
第一種、第二種などと区分されて認定を受けています。

 

高い検定球が収まった箱のふたには、
金、もしくは銀の細長いシールが貼られています。

 

金のシールが第一種検定合格証 水鳥シャトル(財)日本バドミントン協会、となり
銀のシールが第二種検定合格証 水鳥シャトル(財)日本バドミントン協会となります。

バドミントンシャトルの検定球は高級シャトルの証?

 

認定には費用が発生します。
つまり、認定料、シール代はメーカーがお金を払っているのです。
ちなみにシール代は金色で1枚50円、
銀色で1枚30円となっています。

 

第一種と二種の違いは、第一種だと日本バドミントン協会主催の大会、
いわゆる全国大会や国体(国民体育大会)での使用が許可されています。

 

第二種は日本バドミントン協会の加盟団体、つまり各都道府県、
市町村の協会や連盟が主催する大会で使用が許可されているシャトルとなります。

 

野球で言う公式球となりますので、どうしても高価になるのです。
公式大会なら数多くのスポンサー企業、協賛が集まりますが、
個人で買うとか、グループで買うというときには非常に重い負担になります。

 

しかし、新しいシャトルや高価なシャトルはやはり、
抜群の気持ちよさがあり、耐久性も抜群です。
反対に、安価なシャトルだとコストパフォーマンスにこそ優れているものの、
打球感はそれほどでもなく、壊れやすいものです。

 

使い方や頻度によっては高価なものを使っていたほうが、
安価に済んだということもあります。

バドミントンの上達には良いシャトルがいい?

 

良いシャトルを使っての練習は、
バドミントンの上達の秘訣でもあります。

 

変形したシャトル、羽の折れたシャトルなどだと、
微妙な力加減や正しいショットの練習が難しくなります。
特にレベルが上がれば全てのショットは、
ほぼ練習にならないといっても過言ではありません。

 

スピード番号が1つ違うだけ、クーラーの風が入るだけで、
練習に支障をきたす程ですから当たり前です。

 

スマッシュを打てば猛スピード、クリアーはホームランなど、
全くゲームにならないということにもなりかねません。
使える予算にも限りがありますが、
練習量や技術などを考慮してシャトルを選んでいきましょう。

シャトル選びは重要!マイナーなシャトルでも良いものはある?

 

色々なメーカーのものを試さないとわからないことがたくさんありますが、
どうにか頑張って、良いシャトルに巡り合いましょう。
打っていて気持ちが良いシャトルに出会えれば、
練習も試合も一気に楽しくなると思います。

 

もちろん、シャトルだけにこだわらずに、
とにかく技術を磨いていくというのも大いに有効です。
最初のうちは番号にこだわらないで打ちまくるのもおすすめです。

 

ただ、何度も述べたように、シャトルはデリケートなものですので、
できるだけ丁寧に、保管にも気を使うようにしましょう。
車に置きっぱなしにするとか、乱雑においておくのは厳禁です。

 

安価なものだからと言って雑に扱わず、
安価なものだからこそ大切に扱って長持ちさせていきましょう。
ボロボロのまま使わず、上達するには、
できるだけ新しいものを使いながら練習してください。

 

コメントを残す