バドミントンシャトルの種類や規定を解説!シャトルの作成工程①

テニスや野球で言うところの「ボール」は、
バドミントンにおいてシャトルと呼ばれます。
単に羽と呼ばれることもありますが、
シャトルという言葉には「往復する」という意味があります。

 

人によっては、ナイロン製でできたフニャフニャのシャトルを、
イメージする方もいると思います。

 

ナイロン製のシャトルも販売しておりますが、
遊びで使うシャトル以外(一部除く)は全て鳥の羽が使われています。
そして意外と奥が深いんです!

 

初心者の方で、気になる方は是非見ていって下さい。

バドミントンシャトルの規定とは?

 

バドミントンのシャトルの規定としては、
羽の数が16枚、サイズは先端となる球の部分から台まで、
およそ62ミリから70ミリの範囲に収まっていること、
と定められています。

 

先端の円は直径58ミリから68ミリ、
台の直径は25ミリから28センチ、
底部分は丸くするようにとされています。
重さは4.74グラムから5.50グラムまでです。

バドミントンのシャトルに種類なんてあるの?

 

羽部分の材質は天然素材のものや、
ナイロンなどの合成素材まで多岐にわたります。
例えば天然素材だと、ガチョウ、アヒルの羽を用いて、
製作されたものなどもあります。

 

現在のプロの試合などで使われる、
いわゆる公式球にはガチョウの羽が用いられ、
日本バドミントン協会の一種検定には、
ガチョウの羽を用いたシャトルを使うこと、
ときちんと定義されています。

 

ガチョウの羽はアヒルの羽よりも丈夫で、
耐久性に優れていることから、
公式の場で使われるようになりました。

 

しかし、ガチョウの羽だとその分高価になるため、
練習用で頻繁に使われているのはアヒルの羽を用いたシャトルです。
アヒルの羽は比較的安価に使うことがで切る上に、
アヒルのほうがきれいな白でとても人気があります。

 

初心者だときれいなアヒルの羽のシャトルを、
上質な良いシャトルと勘違いすることも珍しくありません。

バドミントンシャトルのコルクって何?

 

シャトルの円形の部分を、コルクと言います。
文字通り、ワインなどで使われるあのコルクでできています。
各メーカー、各グレードによってまちまちで、
天然コルクや圧縮コルク、コルクを模した人工コルクなどがあります。

 

打球感はやはり、天然コルクが抜群で、
上級者からも人気が高くなっています。
そして、そのコルクと羽を固定するのは糸と、
それに付く接着剤です。
これが不安定だと、円形が崩れてしまったり、
羽がバラバラになってしまうのです。

バドミントンシャトルの肝は接着剤?

 

メーカーによっては、
この接着剤にもこだわりがあるところもあります。
たかが接着剤と思われそうですが、接着剤によって、
シャトルそのものの耐久性、飛距離などを左右するのです。

 

高級な羽根は、接着剤が丁寧についており、
耐久性も非常に高いです。
手に取る機会があったら見比べてみましょう!

 

糸は機械によって16枚の羽をかがって行きますが、
最後の糸を切り、結ぶ作業は職にさんの手による人力です。
人力にもかかわらずまるで機械のような様子で、
1個1秒以下というスピードで仕上げていきます。

バドミントンシャトル作成の工程が多いって知ってる?

 

まずはシャトルに使われる羽、原毛を取るところから始まります。
当然ながら生きているガチョウ、アヒルなどからとりますので、
基本的に手作業となる部分が多くなります。

 

ちなみに、一つのシャトルが完成するまでには、
なんと30以上もの工程を踏まえなければならない上に、
生産者の高度な技術が不可欠です。

 

30以上の工程のほぼすべてに、細心の注意を払わなければ、
質のいいシャトルはできないのです。

 

殆ど中国製ですが、最近は中国のガチョウやアヒルの羽根が値上がりし、
某有名メーカーの方も結構きついって言ってました。

バドミントンシャトルの作成工程とは?

 

メーカーはまず、専属契約のガチョウ農家などから羽を調達します。
野生の鳥などから取っているわけではなく、
きちんとした飼育者から購入しています。

 

得た原毛を細かく選別していきます。
羽一つ一つに大きさやカーブの角度などがありますので、
それぞれの品質、外観、大きさなどを考慮して一つ一つ選んでいきます。
特に品質の優れたものをシャトルに用います。

バドミントンシャトルの作成工程のパンチングとは?

 

ある程度選んだら、次にパンチングに入ります。
パンチングとはシャトルの大きさに羽をカットしていく工程で、
1枚の大きい原毛から、シャトルに使う特定の部分だけを切り出していくので、
非常に緻密な作業となり、高度なテクニックが要されます。

 

パンチングされた原毛からさらに、曲がりの角度、外観などによって、
64の種類に分けられます。
設計したシャトルに一番適した飛行性能を、
発揮する羽だけを使わなければなりませんので、必然的に再び選別するのです。

 

その選別を潜り抜けてようやく、円形のコルクへと埋め込まれます。
人の手足が左右にあるように、鳥は左右に手足と羽があります。

バドミントンシャトルは全て16枚で出来ている?

 

詳しい理由は割愛しますが、実は一つのシャトルに用いられる羽には、
左右の羽が混ざっていることはありません。
必ず、どのメーカーでも。右の羽が16枚、
もしくは左の羽が16枚で製作されているのです。

 

シャトルに使われる羽が完成したら、いよいよコルク部分へと埋め込まれ、
実際に製品になっていきます。

 

完成までは、別記事にて続きをご紹介いたします。

コメントを残す